酵素ダイエットをするなら断食が推奨

酵素ダイエットは、体重を直に減らすというよりも、痩せやすい体質を作ることで体重が落ちやすくなるというダイエット方法です。酵素を摂る手法としては酵素ドリンクや酵素サプリメントなどがありますが、それを摂るだけではダイエット成果が見られるわけではありません。ここでは、正しい酵素ダイエットのやり方やダイエット後の補食等を紹介していきます。酵素減量を実施する上での注意する点にも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。



酵素だけでは体重が減らない?酵素ダイエットのワナとは?

酵素ダイエットが女子を中心に注目を集めていますが、酵素を摂取するだけでは減量することは不可能です。たとえば、酵素を摂りながらハイカロリーの食事を頻繁に食べていたり、寝る時間が短かったり、寝る前に食事を食べている等の暮らしをしていると、せっかく酵素を摂り入れても成果が低いです。それらは全て体の中に存在している酵素を消費する行為だからです。カロリーの高い食事をすると消化するのに時間と酵素が多く必要になり、消化酵素が多く使われてしまいます。もちろん、カロリーの低い食事であってもしっかり咀嚼しない場合、同じように消化させるのに酵素がたくさん浪費されます。さらに、夕方の18時に食事を食べるのと深夜1時に食べるのとでは脂肪が溜め込まれる量が異なります。食事の時間帯が遅くなれば遅くなるほど体に身につく脂肪量が増加します。また、体内の酵素が生成されるのは寝ている時間帯なので、睡眠時間が少ないと体の中の酵素の生成量が少なくなってしまうのです。こうした生活を頻繁に行っていると、もともとは痩せやすい体質になるにも関わらず、せっかくのカラダの中の酵素が奪われ、ダイエット成果が低くなってしまいます。このように、酵素を摂取するだけでは足りないということです。



酵素減量で体重を減らすならファスティングを!

酵素を摂り入れることでダイエットをしたい人は断食を試すことがおすすめです。酵素飲料を飲んで痩せやすい体質になっているからといって普段よりもカロリーの高い食事を食べてしまうと、逆に太ってしまいます。酵素減量をする際、2つの手法があります。それは置き換えダイエットと断食減量の2種類です。置き換え減量は1日三食の食事の中で1食から2食を酵素飲料または酵素サプリメントに置き換えるというやり方です。なお、1食よりも2食の方が効果が高いのは当たり前です。置き換えダイエットよりも高い効果を望むならファスティングダイエットがお薦めです。ファスティングとは「断食」を意味して酵素サプリもしくは酵素飲料と水分摂取だけで生活するというものです。成果が最も大きいのは3日間連続で断食減量をすることですが、初めての人には刺激が大きいので、1日から実行してみるといいでしょう。最初から無茶をして体調を悪くするとダイエットの意味がありません。



間違った手法は危険!正しいファスティングのやり方

ファスティングダイエットの正しい手法をご紹介していきます。用意するものは酵素ドリンクです。一般的には一日に3回から十回程度飲みます。この規定量をしっかりと厳守しないとダイエット効果が薄いので、ちゃんと量って摂取しましょう。原液で飲むことが可能ですが、そうだと飲みにくいと感じる人もいます。なので、お水や炭酸水等で混ぜた方が飲みやすいですし、長続きします。ただし、酵素は熱に弱いので、絶対に熱いお湯で溶かさないようにしましょう。また、ファスティングダイエット中は水分をしっかりと摂り入れることも重要です。というのは、酵素の成果をさらに強めることにつながるからです。一日に少なくても二リットル以上の水分を飲むことです。また、空腹感が抑えられないときには野菜ジュースや果物ジュースを飲んでもOKです。ただ、絶対に100%であることおよび添加物無配合であることが必要最低条件です。因みに、2日目以降に好転反応が見られる可能性もあります。体の中の毒素を排出するときに起こる現象であり、吹き出物が出る、熱が出る、身体がダルくなる等の症状が一般的なものですが、体調が崩れたわけではありません。



どんなものを食べるべき?断食後の補食レシピ

ファスティングダイエットを実行した後は補食が肝心です。酵素ドリンクの他は何もカラダの中に入れていないので、胃腸が小さくなっている状態です。ですので、ちょっとずつ食物を入れていかないと刺激が大きすぎて体調が悪くなる危険性があるのです。断食が完了してから3日以内にいつもの食事に戻すとカラダに悪影響をもたらす事があります。なので、三日間は補食期間として必要になります。この期間中は、消化のしやすい食材を食べるようにしましょう。たとえば、お豆腐のお味噌汁や野菜スープ等です。そして、味付けは濃くせずになるべく薄くすることも大切です。また、化学調味料も胃腸の消化機能に強い刺激を与えるので、この期間はできるだけ使用しないことです。そうして補食期間が過ぎた後は、日常の食事に戻しても良いですが、肉類は控え海藻類、野菜、魚等を多く食べる食事をするとリバウンド予防にもなります。